乳酸菌はダイエットに効果的って本当?その理由について徹底解説!

乳酸菌といえば腸内の善玉菌というイメージが強く、健康に良さそうな菌という気がしますよね?

実際乳酸菌は身体に良い菌で、健康はもちろんのことダイエットにも好影響を与えます。したがってダイエットする際にはすすんで摂るようにしたい成分なのです。

しかしどうして乳酸菌はダイエットに効果的なのか、その理由を知っている人は多いとは言えないのではないでしょうか?そこで今回は乳酸菌とダイエットの関係について着目し、乳酸菌の種類や働き、ダイエットに対する効果についてご紹介したいと思います。

 

 

乳酸菌とはどういうものか?

乳酸菌の役割

乳酸菌は乳酸を生成する働きを持つ菌を意味します。身体の代謝を促す働きを持ち、便通の改善や免疫力の維持・強化、そして腸内環境を改善してくれると言った、私たちの身体の健康を維持するためにはなくてはならない存在です。

私たちの腸内には善玉菌と悪玉菌という大きく分けて2種類の細菌が存在し腸内の環境をコントロールしています。乳酸菌はこの善玉菌のひとつなのです。腸内環境は善玉菌と悪玉菌の力関係、すなわちその数の割合によって良くもなり悪くもなります。

私たちの身体はストレスや栄養の偏った食事など、不規則な生活習慣を送ることで善玉菌が減り悪玉菌が増えます。悪玉菌が増えると腸内環境は悪化し、腸の活動が鈍くなってしまいます。こうなると便通も悪くなり代謝も衰えるため、太りやすくなってしまいます。

こうした腸内環境を改善するためには善玉菌を増やすことです。乳酸菌=善玉菌ですので、乳酸菌を摂取することは悪玉菌を抑え、腸内環境を整えることにつながります。

すなわち乳酸菌を摂ることで腸の機能が改善し代謝もアップするので、ダイエットに効果的ということになります。

 

乳酸菌(善玉菌)が腸内環境の良し悪しを決める

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)の3種類の菌が存在していて、これらの菌が腸内環境を決定づけています。一般的にはその名が示すように、善玉菌は身体にとって良い影響をもたらす菌、悪玉菌はその逆で悪い影響をもたらす菌を意味します。

もうひとつの日和見菌は、強い菌の味方をする性質のある菌で、ケースバイケースで善玉菌を助けたり悪玉菌を助けたりすることから日和見菌という名前がつけられています。理想的な腸内環境は善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の割合と言われています。悪玉菌はこれより割合が多くなると有害物質を作り出す性質があることから、腸の活動が鈍り便通の悪化や肌荒れなどといった様々な症状が出てきます。

こうしたことを防ぐためには、善玉菌の割合を増やして腸内環境を改善する必要があるのですが、そのために乳酸菌が有効な役割を果たしてくれるのです。

 

乳酸菌が多く含まれる食材

乳酸菌は以下に示すような発酵食品に多く含まれます。

・ヨーグルト

・味噌

・納豆

・キムチ

・豆類

・しょうゆ

 

乳酸菌といえば真っ先に思い浮かぶのがヨーグルトですが、他にも味噌や納豆など日頃から食事でよく食べる食品に結構含まれています。ダイエットをする場合には、こうした食品を食べるようにすることでより効果が得られやすくなると言えます。

 

 

乳酸菌にも種類がある

一口に乳酸菌といっても様々な種類があります。一説によるとその数は250種類以上にもおよぶと言われています。乳酸菌の効果はその種類によって異なります。

したがって乳酸菌が配合された商品を選ぶ際には、どのような乳酸菌が配合されていてどんな働きをするのか理解をすることが大切となります。ここではダイエットに効果の期待ができる乳酸菌をいくつかご紹介します。

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌は元々私たちの身体の中に存在している菌で、ビタミンBなどの吸収を促進、有害物質を体外に排出される働きを持つ菌です。

 

ガセリ菌SP株

ガセリ菌SP株は内臓脂肪を減らすのに効果的な菌です。摂取することによって内臓脂肪と皮下脂肪の両方を減らすことができたという実験結果もあるようです。経口摂取しても胃酸で死滅することなく生きたまま腸まで届くことで知られており、小腸での栄養吸収を助ける働きをしてくれます。

 

ヤクルト菌

ご存知ヤクルト菌は腸内環境を整えてくれるのはもちろんのこと、近年は発がん性物質を抑える効果の研究も進められており、がん対策効果が期待されています。

 

ブルガリクス菌

ヨーロッパでは万病に効くとして古くから信じられてきたブルガリクス菌は腸をきれいにし、整腸効果や美肌効果が期待できる乳酸菌です。

 

 

乳酸菌によるダイエット効果の秘密

腸内環境が改善され便通が良くなる

乳酸菌は善玉菌であり、腸内環境を改善することで老廃物の排出を促し腸の消化吸収が活性化されます。これにより便秘が改善され、デトックス効果も上がります。

また代謝もアップするのでダイエットにより効果をもたらしてくれます。

 

自律神経が安定する

腸は自律神経の働きに大きな影響を与える臓器で、またの名を「第二の脳」と呼ばれています。自律神経は私たちの身体をコントロールしている大切な神経であり、自律神経のバランスが崩れてしまうと私たちの身体はうまく機能できなくなり、体調も悪化してしまいます。

自律神経のバランスをうまく整えると老廃物が排出されやすくなり、また血行もよくなるので、便秘やむくみの改善~ダイエットにつながります。

 

代謝が上がる

腸内環境が改善されると代謝が上がるため、脂肪の燃焼も促進されます。また肌のターンオーバーも正常化されていくので、美肌にもつながります。ダイエットによる減量以外にも美容効果も期待ができるのです。

 

 

乳酸菌のダイエット効果を引き出すポイント

夕食後に摂取する

乳酸菌は経口摂取しても胃酸によって死滅するケースがあります。そうした死滅した乳酸菌は腸内の善玉菌のエサとなり善玉菌を増やすことにつながりますが、やはり直接生きて腸に届いたほうが効果的ではあります。

そこで胃酸の分泌が多くなる食前・食中よりも食後に摂取したほうが胃酸の影響を受けにくく、生きたまま腸に届きやすくなります。このため夕食後に摂るのが一番おすすめといえます。

 

乳酸菌配合食品の糖分量に注意する

ヨーグルトなどは乳酸菌を摂るためには有効な食品ですが、ダイエットのためには配合されている糖分に注意する必要があります。ヨーグルトには加糖して味付けしているものも多く、こうした商品は美味しいのですが、ダイエットを考えればできれば無加糖のものを選びたいところです。

腸に残らず、毎日摂取が必要な乳酸菌だからこそ、毎日食べても大丈夫なものを選ぶようにしましょう。

 

食物繊維、オリゴ糖と一緒に摂取する

食物繊維やオリゴ糖は乳酸菌のエサとして、乳酸菌を活発にしてくれます。

 

運動を行う

何のダイエットでもそうですが、身体に入ってくるカロリーを制限するだけでなく、体内のカロリーを消費することでダイエットの効果はグッと高まります。すなわち食べ物の摂取を減らしたり抑えたりするだけでなく、摂取したカロリーを減らすこともダイエットには大切です。

そのために最も良いのは運動することです。出来る範囲で良いので、なるべく運動を取り入れることがダイエット成功につながります。

 

 

まとめ

乳酸菌は善玉菌として腸内環境を整え、健康を維持するのに欠かせない成分のひとつです。腸内環境を整えることによりダイエット効果や美容効果も得られ、身体の中からキレイな身体づくりをサポートしてくれます。あなたも乳酸菌の力でダイエットを成功に導いてみませんか?

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*